マリモベンチャーズ、経営参画型投資に本格進出 1社3億円程度

2016.1.30 06:44

 不動産関連事業を手掛けるマリモ(広島市西区)が100%出資するベンチャーキャピタル、マリモベンチャーズ(東京都港区)は、投資先に経営陣を派遣して経営に参画するハンズオン投資に本格的に乗り出す。

 1社当たりの投資額は3億円程度を想定。全額を自己資金で賄うことで短期的な収益性を追わず、長期的視点で投資先の企業価値向上に取り組む。過半数の株式を取得する投資も行う。年間10億~20億円の投資を考えているという。

 ハンズオン経営終了後はIPO(新規株式公開)や売却のほか、マリモグループ入りも検討する。投資先からの回収が見込める3年目からの黒字化を目指す。

 同社は昨年8月に設立。12月に活動拠点を東京・虎ノ門に開設し企業支援事業を本格始動。不動産事業などを全国展開するマリモグループのネットワークを駆使し、独創的な製品・サービスを提供できる潜在能力をもちながら後継者難で事業継承に悩んだり、販路開拓に課題を抱えたりする地方の中小・ベンチャー企業の発掘に注力する。

 このためグループの経営資源や人脈を最大限活用、投資先企業の潜在能力を引き出し成長を支援する。地域経済の活性化や雇用の創出にもつなげる。

 同社の相原志保社長はSBIグループなどで多くの企業再生に取り組んできた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。