三菱商事が豪州の都市鉄道システムで優先交渉権

2016.2.1 19:09

 三菱商事は1日、オーストラリアの現地ゼネコンや三菱東京UFJ銀行などと共同で首都キャンベラ近郊の都市鉄道システムの建設・保守・運営の事業権の優先交渉権を獲得したと発表した。今春にも正式契約する。三菱商事が海外鉄道の運営事業に参画するのは初めて。

 キャンベラ中心部と北部ガンガーリンの住宅地を結ぶ全長12キロのライトレールと呼ばれる通勤鉄道で、今年半ばにも着工、2019年に開業予定。安定需要が見込め、豪州は最低運賃収入が保証されており、採算が確保できると判断した。

 8社の企業連合は豪州の建設大手CIMICグループ傘下のパシフィック・パートナーシップスを幹事会社に、三菱UFJ銀も資金調達を担当する。車両はドイツ鉄道(DB)傘下企業が納入する。総事業費は約600億円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。