三井住友海上、英損保と再保険事業統合

2016.2.2 21:33

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険は2日、英損害保険大手アムリンの買収を完了したと発表した。2016年度中にも自社の再保険事業とアムリンを統合する方針。買収総額は約34億ポンド(約5900億円)。MS&ADとしての再保険部門の事業規模は世界27位から15位に浮上する。

 再保険とは、保険会社が引き受けたリスクを別の保険会社に分散させる仕組み。スイスの再保険大手、スイス・リーによると、14年の再保険の市場規模(生命保険を除く)は約1900億ドル(約23兆円)。自然災害の多発や新興国の経済成長を背景に、今後も市場拡大が見込めるという。

 日本の3メガ損保ではこのほか、損保ジャパン日本興亜ホールディングスが昨年11月、英損保大手キャノピアスとスイスに再保険の会社を設立。東京海上ホールディングスも08年、英キルンを傘下に収め、再保険事業を強化している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。