IHI、最終益一転300億円赤字 3月期連結予想 インドネシアの工事遅れ (1/2ページ)

2016.2.3 06:06

 IHIは2日、2016年3月期連結の最終損益が前回予想の180億円の黒字から300億円の赤字(前期は90億円の黒字)になる見通しだと発表した。インドネシアの子会社によるボイラー工事などの遅れで、460億円の特別損失を計上したのが響いた。

 売上高も前回予想の1兆5800億円から前期比6.5%増の1兆5500億円、営業利益が500億円から60.5%減の250億円に下方修正した。期末の配当も無配とした。下方修正は今期3度目。

 同社が最終赤字に転落したのは、インドネシアの子会社が製造したボイラーの溶接部位に設計指示と異なる材料が使われ、補修費用が発生したため。トルコの横断橋工事や海洋構造物事業の建設遅れによる特損計上も響いた。

斎藤保社長は会見で工事見通しの甘さについて陳謝

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。