製紙大手、海外事業を相次ぎ強化 日本製紙はベトナムに拠点 (1/2ページ)

2016.2.3 06:33

 製紙大手が東南アジアへの進出を加速している。日本製紙は2日、ベトナムに駐在員事務所を開設したことを明らかにした。ベトナムでは、王子ホールディングス(HD)の段ボール工場も1月に稼働した。国内の紙需要が減少する中、新興国の成長の取り込みを急ぐ。内需主導の代表的産業とされる製紙でも海外進出が喫緊の課題となっている。

 日本製紙はホーチミン市に駐在員事務所を開いた。当初は数人で業務を行い、現地の情報収集や市場調査にあたる。

 同社は、現地企業のサイアムグループと合弁事業を展開するタイに事務所があるほか、昨年8月に東南アジアの販売統括会社をシンガポールに設立。自社拠点を構えることで、現地ニーズをより細かく吸い上げる。

 昨年4月にスタートした3カ年の中期経営計画では、最終年度となる2017年度の海外売上高比率を14年度末の13%から20%に高める方針。子会社のオーストラリアンペーパーがある豪州を含め、“地の利”がある環太平洋地域に狙いを絞って事業拡大を目指していく。

王子HDは段ボール分野で海外展開を加速している

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。