鉄鋼3社、中国影響で収益悪化 神鋼は赤字転落 15年4~12月期 (1/2ページ)

2016.2.3 06:25

 鉄鋼大手3社の2015年4~12月期連結決算が2日出そろった。神戸製鋼所の最終損益は138億円の赤字(前年同期は641億円の黒字)に転落。新日鉄住金とJFEホールディングスは最終減益となった。景気減速と過剰設備に苦しむ中国の鉄鋼メーカーが、東南アジアなどへ安値攻勢をかけたことから海外市況が悪化し、輸出採算が低下したことが響いた。新車販売が低迷する国内も低調だった。

 この日決算を発表した神戸製鋼所は、鉄鋼事業が低迷したほか、不振が続く中国の建機事業で303億円の特別損失を計上した。梅原尚人副社長は会見で「中国のインフラ投資は非常に低迷しており、建機販売がすぐに回復するとは期待できない」と話した。

 中国メーカーの過剰能力解消には時間がかかるとみられ、16年1~3月期についても「極めて厳しい輸出環境が続く」(JFEの岡田伸一副社長)見込みだ。このため、3社はそろって昨年秋の中間決算発表時に続き、16年3月期の通期業績予想を下方修正。神戸製鋼所は従来200億円の黒字を見込んでいた最終損益が大幅に悪化し、一転して200億円の赤字に転落するとした。

鉄鋼大手3社の2015年4~12月期連結決算

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。