デル戦略転換、PC市場激震 国内間接販売を本格展開、シェア拡大へ (1/5ページ)

2016.2.3 06:39

デルのマイケル・デル最高経営責任者(CEO)。日本市場で販売路線を大きく転換し、シェア向上を狙う=昨年10月、米テキサス州オースティン(ブルームバーグ)

デルのマイケル・デル最高経営責任者(CEO)。日本市場で販売路線を大きく転換し、シェア向上を狙う=昨年10月、米テキサス州オースティン(ブルームバーグ)【拡大】

 日本のパソコン市場で米デルが攻勢に打って出る。これまでの直販路線を大きく変更し、1月から代理店を通じて全国数千社の販売店で法人向けPCの販売を開始した。こうした間接販売ルートでの売り上げを2年以内に倍増させる方針で、現在10%程度の国内シェアの大幅拡大を目指す。パソコン市場は縮小傾向が続く中、東芝、富士通、VAIOが事業統合に向けた検討を進めるなど、環境の激変が予想される。デルの攻勢も業界再編に影響を与えそうだ。

 法人向け態勢整備

 「デルはディストリビューション(販売代理店)ルート以外の3割の市場においては存在感を発揮してきたが、残りの7割の市場では存在感がなかった。直販のイメージが強いデルは、(販売代理店に)むしろ敵と位置付けられてきた」と語るのはデル日本法人の松本光吉副社長。「そのイメージを払拭するとともに、代理店や販売パートナーが本気になって、デル製品を取り扱うことができる態勢を整える」と意気込む。

 具体的には1月からダイワボウ情報システムとソフトバンクコマース&サービスの2社の販売代理店と連携。これまでもNTTデータなど特約店を通じた販売は行ってきたが、今後はそれ以外の法人向けPCについて、全て2社を通じて販売する態勢に切り替えた。

NECレノボグループや日本HPは国内に生産拠点を持ち…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。