電機大手4社が営業増益 日立・パナは通期予想下方修正 15年4~12月期連結 (1/3ページ)

2016.2.4 06:28

 経営再建中の東芝とシャープを除く電機大手6社の2015年4~12月期連結決算が3日、出そろった。本業のもうけを示す営業利益は4社が増益で、2社が減益。ソニーは構造改革やスマートフォン事業の赤字縮小で最終黒字に転換した。富士通は欧州向けパソコン販売の苦戦が響き、最終赤字に転落した。中国の景気減速や新興国の通貨安などの影響で、日立製作所、パナソニック、富士通の3社が通期の業績予想を下方修正した。

 日立は社会・産業システムや情報・通信システムといった部門が好調で、営業利益が4~12月期として過去最高となったが、中国や資源・産油国などの経済成長の鈍化で、建設機械や自動車向け部品、プラント向けの産業機械などの販売が低迷。

 通期の業績予想について、営業利益は前回予想の6800億円から、前期比1.8%減の6300億円に、最終利益も前期比10.4%増の2400億円に引き下げた。3日会見した中村豊明副社長は「下方修正は本当に残念だ」と肩を落とした。

 パナソニックは白物家電の販売が国内や東南アジアなどで好調だったうえ、構造改革によるコスト削減や円安傾向も収益を押し上げ、4~12月期として4年連続で営業増益となった。

「中国でのファクトリーオートメーション事業の受注が落ち込んでいる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。