経団連副会長に石塚、国部2氏

2016.2.4 05:00

 経団連は、新たな副会長に三越伊勢丹ホールディングス(HD)の石塚邦雄会長(66)、三井住友銀行の国部毅頭取(61)を起用する方針を固めた。8日の会長・副会長会議で内定し、6月の定時総会で正式に就任する予定。

 石塚氏は三越(現三越伊勢丹)の社長や三越伊勢丹HDの社長を務め、経団連では、会長の助言機関である審議員会の副議長として、訪日外国人増加に向けた取り組みなどで、中心的な役割を果たしてきた。

 国部氏は住友銀行(現三井住友銀)出身で、企画部門などでの手腕が評価され、2011年から三井住友銀行頭取を務めている。経団連では審議員会副議長として、資本市場活性化にむけた意見取りまとめなどを担当してきた。

 経団連副会長は現在14人。アサヒグループホールディングスの荻田伍相談役と東京海上日動火災保険の石原邦夫相談役の2人が6月に任期を迎えることから、今回4人の新副会長を選出し、16人体制にする。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。