ホンダが44万台リコール タカタ欠陥の米事故受け

2016.2.5 16:47

 タカタ製エアバッグの欠陥問題で、ホンダは5日、運転席のエアバッグ作動時に部品が飛び散る恐れがあるとして、乗用車「フィット」など13車種、44万2997台(平成16年6月~27年3月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

 米国で昨年末、フォード・モーター車の運転席エアバッグの異常破裂による死亡事故が起き、米当局はリコール対象を拡大。ホンダは3日、米国で約223万台のリコールを発表、この一環で日本でもリコールした。

 対象には、昨年生産された車も含まれる。エアバッグを他社製に交換するが、ホンダはこれまでもタカタ製エアバッグの欠陥によるリコールを届けているため、部品が準備できるのは6月以降になるという。

 自動車メーカー各社は同種のエアバッグを使った車があるかどうか調査中。国交省の集計によると、この問題で国内のリコール台数は延べ約1223万台になった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。