精密機器大手、4社が営業増益 高級デジカメ、医療などが好調

2016.2.5 18:48

 精密機器大手7社の平成27年4~12月期連結決算が5日、出そろった。デジタルカメラの高級機や、医療機器、製造装置などが好調だったオリンパスなど4社が営業利益で増益を確保。腕時計や自撮りに適したデジカメが販売を伸ばしたカシオ計算機は、4~12月期として2年連続で最終利益が過去最高を更新した。一方、複合機やプリンターの価格競争などを背景にセイコーエプソン、リコー、コニカミノルタの3社は営業、最終ともに減益となった。

 オリンパスはリーマン・ショック以降、過去最高の営業利益を計上。内視鏡をはじめとした医療事業が売上高、営業利益ともに2桁成長を達成したほか、ミラーレスカメラも日欧で販売を伸ばした。

 富士フイルムHDはインスタントカメラ「チェキ」の欧米での売り上げがほぼ倍増。デジカメでもミラーレスなど高級機が好調だった。ニコンは液晶パネルの製造に使うFPD露光装置の販売が中国や台湾向けに好調で、台数が約1・5倍に増えた。

 コニカミノルタは、複合機などの情報機器事業が伸び悩んだほか、液晶パネル用フィルムが新興国での大型液晶テレビの需要減で不振だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。