新幹線システムの優位性「十分に理解」 高速鉄道計画でマレーシア高官

2016.2.5 17:44

5日、クアラルンプールで会談に臨む日本商工会議所の三村明夫会頭(左)とマレーシア陸上公共交通委員会のサイドハミド議長(NNA=共同)

5日、クアラルンプールで会談に臨む日本商工会議所の三村明夫会頭(左)とマレーシア陸上公共交通委員会のサイドハミド議長(NNA=共同)【拡大】

 マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画で、マレーシア側の責任者を務める陸上公共交通委員会のサイドハミド議長は5日、「日本の新幹線システムの優位性を十分に理解しているが、国境をまたぐものであり、(シンガポールとの)協議が必要だ」との認識を示した。

 サイドハミド議長は5日、マレーシアを訪問中の日本商工会議所の経済ミッション(団長・三村明夫会頭)とクアラルンプールで会談。新幹線導入を日本が官民一体で取り組んでいることも評価したという。

 三村会頭らは4日、ナジブ首相に新幹線方式を採用するよう直接売り込んだ。ナジブ氏は入札も含めた計画全体の日程が「4月ごろ」に固まるとの見通しを示した。

 高速鉄道計画では、日本のほか中国、韓国、フランス、ドイツが名乗りを上げている。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。