鴻海、シャープ支援 液晶技術でアップルと関係強化 (1/2ページ)

2016.2.6 07:05

 台湾の鴻海精密工業がシャープ買収を目指す背景には、高い技術を持つ液晶事業を取り込み、米アップルとの関係強化を進める狙いがある。iPhone(アイフォーン)の組み立てだけでなく部品も供給するなど生産効率を高めることで、ライバルに差をつけたい考えだ。

 鴻海は1974年に創業し、現在は電子機器の受託製造サービス(EMS)で世界最大手。主な製造拠点を中国に置き、新しい製造設備と安い人件費で機器を組み立てて利益を上げてきた。

 しかし、中国の人件費上昇やEMSのライバル企業から猛追を受けており、生産効率の向上が課題となっている。

 シャープの液晶パネルやカメラ部品などの電子部品の事業を取り込むことで、アップルとの取引拡大につなげたい狙いがある。

 シャープは昨年10月に社内を家電、太陽光発電、複写機、電子部品、液晶と5つの事業体に分割した。

鴻海は電子部品と液晶以外の事業も傘下に収めることで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。