アウディ看板「A4」全面改良 先進安全とデザイン融合

2016.2.8 19:01

新型「A4」とアウディジャパンの斎藤徹社長=8日、東京都江東区(田村龍彦撮影)

新型「A4」とアウディジャパンの斎藤徹社長=8日、東京都江東区(田村龍彦撮影)【拡大】

 ドイツのアウディの日本法人アウディジャパンは8日、主力モデル「A4」を全面改良し、19日から販売すると発表した。最先端の運転支援システムを搭載したほか、燃費性能や内外装の質感を向上させた。

 A4は前身の「アウディ80」も含めると累計1200万台以上を売り上げた看板車種。新型は渋滞時などで先行車に合わせて減速・加速し、白線を検知して一定のハンドル操作なども行ってくれる最新の運転支援機能などを搭載している。

 空気抵抗係数はクラストップレベルの0.23(欧州仕様車)。排気量1984ccの直列4気筒ターボエンジンで、燃費は前輪駆動モデルがガソリン1リットルあたり18.4キロと、先代のA4から30%以上改善している。

 価格は518万円から。斎藤徹社長は発表会で「先進技術とデザインが融合したアウディの自信作だ」とアピールした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。