国内のトヨタ全工場休止、仕入れ先に損害なら補償検討 (1/2ページ)

2016.2.9 07:11

 トヨタ自動車は8日、国内全ての工場の稼働を休止した。愛知製鋼の知多工場(愛知県東海市)で爆発事故があり、エンジンなどに使用する鋼材の供給が滞ったため。国内工場が全て止まるのは2011年の東日本大震災以来。部品メーカーがトヨタ向けラインを休止するなど影響は広がっており、トヨタは仕入れ先に損害が出た場合の補償も検討している。

 トヨタはグループ会社を含む16工場の完成車組み立てラインを8日から13日まで休止し、15日に再開。部品工場も8日は休止し、9日以降はラインごとに再開を判断する。

 15日の再開後は「残業も当初計画していたレベルで、休日出勤も予定通り実施していく」(幹部)考え。ただ、生産休止による影響は8万台規模とみられ、生産が逼迫(ひっぱく)する年度末だけに全て挽回できるかは不透明な部分も残る。

 必要なときに必要な量を作る「トヨタ生産方式」は余分な在庫を持たないのが特徴で部品を納入するメーカーもトヨタの生産に合わせて動く場合が多い。

エンジンや電子部品を生産する3工場のトヨタ向けライン…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。