メルセデス、新SUV「GLC」発売 「部分自動運転」機能を搭載

2016.2.10 07:23

メルセデス・ベンツ日本が発売した新型SUV「GLC」を披露する上野金太郎社長=9日、東京都港区
メルセデス・ベンツ日本が発売した新型SUV「GLC」を披露する上野金太郎社長=9日、東京都港区【拡大】

 メルセデス・ベンツ日本は9日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「GLC」を発売した。先行車両や車線を検知して自動で加減速し、ハンドル操作を助ける「部分自動運転」機能を搭載。タイヤの空転や横滑りを抑える四輪駆動システムを採用し、雪道などの安定性を高めた。

 排気量1991ccの直列4気筒ターボエンジンを搭載。前身モデル「GLK」からエンジンを小型化したことで、燃費は1リットル当たり13.4キロと約15%改善した。また、超音波センサーで最適なスペースを探し、縦列駐車などの際にハンドルやブレーキを自動操作する機能も付いている。

 希望小売価格は628万~745万円。同社はGLC投入などで、販売に占めるSUVの比率を昨年の16%から約2割まで高める方針。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。