ルネサス、3月期通期は最終減益見込む

2016.2.10 05:51

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは9日、2016年3月期の通期業績予想を発表した。売上高は前期比12.8%減の6900億円、営業利益は4.2%減の1000億円、最終利益は0.4%減の820億円を見込む。1~3月期に研究開発費を計上することなどが収益に響く。

 同時に発表した15年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比13.7%減の5254億円、営業利益は10.1%増の880億円、最終利益は3.7%増の760億円だった。産業革新機構が保有するルネサス株式の売却を検討していることについて、柴田英利最高財務責任者は「株主が決めることだが、現在のいびつな資本構成が解消されることは望ましい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。