ロンドン名物「ブラックキャブ」で道路封鎖 ウーバー配車サービスに抗議

2016.2.11 17:37

 【ロンドン=岡部伸】ロンドンで10日、英国名物の黒塗りブラックキャブの運転手らが、スマートフォン(多機能携帯電話)のアプリケーションを利用した米配車サービス「ウーバー(Uber)」の運行規制が緩いことに抗議して、数千台が首相官邸(ダウニング街)や議会があるウエストミンスターなど混雑が激しい中心地の通り一帯を一時封鎖した。

 ロイター通信によると、ブラックキャブの労働組合は、運行規制を緩和させて所定の乗り場以外から乗客を乗せる「ウーバー」の新興タクシーは交通渋滞や事故を招きかねず、多くの排ガスもまき散らしており、乗客の安全確保のためにも政府は規制を強化するべきだと道路封鎖による抗議の理由を明らかにした。

 ゴールドマンサックスとグーグルが出資する米配車サービス「ウーバー(Uber)」は、スマホを使用して簡単に外出先から個人タクシーを利用できるため、世界各地で急速に普及している。

 しかし、厳格な運行規制を順守している旧来のタクシー業者との間でトラブルが頻発しており、フランスでは1月26日、公務員や教員、病院職員らとともに「ウーバー」の業者に抗議するタクシー運転者らが主要交差点でタイヤを燃やしたり、発煙弾を投げたりして環状道路を封鎖するデモを行っている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。