飲料各社、訪日客向け自販機導入加速 外国語音声で案内 (1/2ページ)

2016.2.11 06:28

アサヒグループホールディングスが設置した訪日客に対応した自販機=東京都台東区

アサヒグループホールディングスが設置した訪日客に対応した自販機=東京都台東区【拡大】

 飲料各社が相次ぎ外国語対応の自動販売機を導入している。急増する訪日外国人に利用してもらうことで、減少傾向が続く自販機での売り上げアップにつなげるのが狙いだ。春節(旧正月)で来日している中国人観光客が自販機にも押し寄せるだろうか。

 アサヒグループホールディングス(HD)は今年に入り、東京・浅草の雷門そばに外国語の音声で対話できる自販機を設置した。音声サービスは当初、英語のみだったが、今では中国語のサービスもしている。消費者がお茶やコーヒーなどの分類を選択すると、音声を通じて端末から糖分や炭酸の有無、カロリー量などの商品情報が提供され、消費者は好みの商品が選べる仕組みだ。

 日本コカ・コーラは昨年12月、英語と中国語、韓国語など15言語に対応した自販機を導入した。商品ディスプレーについたQRコードをスマートフォンで読み込むと、商品情報などが15言語で表示される。2020年までに全国で8万台の導入を目指す。キリンビバレッジも昨年10月、英語、中国語、韓国語の3カ国語で商品の栄養成分表やカロリーを液晶画面で表示する自販機を導入した。

「どんな商品が売っているかわからないことから購入に二の足を踏む人も少なくない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。