「実質0円」店頭から姿消す 端末販売減少は不可避、携帯3社は次の一手模索 (1/3ページ)

2016.2.11 06:36

スマートフォン端末「実質0円」や「現金還元」などの表記が目を引く携帯電話の代理店=2015年12月、大阪市内

スマートフォン端末「実質0円」や「現金還元」などの表記が目を引く携帯電話の代理店=2015年12月、大阪市内【拡大】

 携帯電話大手3社は、2月1日からスマートフォンの販売価格を引き上げたことで端末販売台数の減少が避けられず、通期業績に影響を及ぼす可能性も出てきた。3社は代理店に支払う販売奨励金や乗り換えの割引を削減することで端末代金の割引幅を圧縮。足元は販促費の削減が業績にプラスに働く見通しだが、かき入れ時の年度末商戦での端末販売へのブレーキは痛手となりそうだ。

 2月に入り携帯販売店の店頭から「実質0円」が姿を消し、稼ぎ頭の「アイフォーン6s」は1万800円に“値上がり”した。家電量販店や代理店の客足は大きく落ち込んでおり、販売減は避けられそうにない。

 ソフトバンクの宮内謙社長は10日、ソフトバンクグループの決算会見で「過度なキャッシュバック(現金還元)が削減されたので前年2月と比べて少し落ちたが、大きなダウンではない」と説明したものの、各社とも影響は小さくなさそうだ。

「客層の分布ではデータ使用量が月1ギガバイト未満は確かにいる」(ドコモ加藤社長)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。