【ハザードマップ】レノバサイエンス、日ノ本合成樹脂製作所 (1/3ページ)

2016.2.11 05:00

 ■特殊分野で資金繰り苦戦、競争力低下

 ▼レノバサイエンス 理化学研究機器を販売するレノバサイエンスは1月14日、東京地裁より破産開始決定を受けた。同社は昨年12月に再度の資金ショートを起こし、経営の行き詰まりが表面化していた。

 レノバサイエンスは、生命科学やバイオテクノロジー(生命工学)などの研究に使用される理化学研究機器の販売のほか、一般試薬の販売も手掛けていた。

 顧客は大学や研究機関、民間企業の研究所などで、景気変動の影響を比較的受けにくく、安定した受注を確保。業績は堅調に推移し、2014年9月期には売上高51億4269万円をあげていた。しかし、安定した受注の一方で、利益面は低収益で推移していた。これに加え、繁忙期と閑散期の収支のズレにより、旺盛な資金需要を余儀なくされていた。

 14年10月以降はノンバンクなどから債権譲渡登記が設定されるなか、15年12月25日をもって事業を停止するとともに、債権者から破産を申し立てられていた。

 ▼日ノ本合成樹脂製作所 日ノ本合成樹脂製作所は再度の資金ショートを起こし、1月7日に経営が行き詰まった。取引先によると「2015年10月頃に社長が亡くなった後、すぐに廃業した。その後は連絡も取れなくなった」とされた。

 日ノ本合成樹脂製作所は「HGS」のブランド名で、分子構造模型の製造を主体に事業を展開していた。「DNA-A型」や「メタンハイドレート」などの化学品、アスピリンなどの医薬品の完成模型品、さまざまな薬品の分子構造などのパネル模型、約100種類の薬の分子模型などの製造を手掛け、学生や受験生向けに販売を行っていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。