「ホンダジェット」の挑戦は特別な意味 型式認定取得で描く次のシナリオ (1/4ページ)

2016.2.13 17:14

2015年12月23日、ホンダエアクラフトカンパニーはホンダジェットの引き渡しを始めた。

2015年12月23日、ホンダエアクラフトカンパニーはホンダジェットの引き渡しを始めた。【拡大】

 FAAに240万ページの書類を提出

 「ホンダが単独で、しかも新規参入で航空機の型式認定をとったというのは、日本の企業にとっても非常に大きなマイルストーンを達成したのではないかと思います」

 昨年12月、ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)がつくった「ホンダジェット」が、米国連邦航空局(FAA)から型式認証を取得。そのことについて、HACIの藤野道格社長は嬉しそうにこう語った。この1年ほどあまりいいニュースのなかったホンダにとって、久しぶりの明るい話題といっていいだろう。

 しかし、この型式認証をとるのは大変な作業だった。FAAへの提出書類は240万ページにも及び、おまけにFAAの人がいくつも仕事を抱えているなかでホンダジェットの認定を優先的にしてもらえるように働きかける必要もあった。

「今まで4機設計してきた経験がありますが…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。