買うならどっち? VW『パサート』vsジャガー『XE』 欧州プレミアムセダン対決 (1/6ページ)

2016.2.16 12:51

 国産勢の元気がないプレミアム4ドアセダンのカテゴリーに、欧州メーカーが注目の新車種を投入。燃費もコスパもいい2台を乗り比べてみた。

 2015年6月に発表された欧州生まれの2台の4ドアセダンはボディーサイズこそ、4.7m前後とアッパーミドルクラスだが、その性格や成り立ちは全く異なるモデルだった。ジャガー『XE』は、英国の高級車ブランド、ジャガーのエントリーモデルとして投入された新モデルだ。ボディーサイズは短めの全長にワイドで低い全幅と全高が特徴。コーナリング性能を高める新技術を実用化するなど走りも追求した。

 一方、『パサート』はドイツの大衆車メーカー、フォルクスワーゲン(以下、VW)の上級モデル。1973年に初代がデビューし、本モデルで8代目という長い歴史を持つ。大衆車ブランドの上級セダンとして、実用性をとことん重視した造りに仕上がっている。全長は『XE』より約100mm長いが、ホイールベースは45mm短くて全幅も20mm狭い。だが、全高は55mmも高い。見た目より大きく、存在感があるのは、全幅に広がるグリルの効果かもしれない。

 ◎大幅に改善された燃費性能。走りは全くもって対照的

 パワーユニットも対照的だ。どちらも最新技術を駆使したエンジンを搭載する。『XE』は直4、2LターボとV6、3.0Lのガソリン、直4、2Lのクリーンディーゼルを用意。後輪駆動で8速ATを組み合わせている。燃費は11・8km/Lだが、これでも従来のジャガー車より大きく改善。実走燃費も13~21km/Lを記録した。

 そして『パサート』は、独自の生産技術(MQB)の採用により、パワーユニットまで革新的な構造を実現。1.4Lターボで110PS、250Nmを発生。7速AT+前輪駆動+85kgの軽量化によって20.4km/Lの燃費を達成した。燃費競争の激しいコンパクトカー部門を主戦場とするVWにとって、アッパーミドルクラスでも実用性、経済性を重視したクルマ造りは見事だといえる。

 高級ブランドのエントリーモデルと実用ブランドの上級モデル。この2車を乗り比べてみると、すべてが対照的といってもいいほど異なるものだった。走り出すと、どっしりした安定感のある『XE』。インパネなど各部の造りもしっかりしており、重厚感がある。スポーツカー感覚で乗れるジャガーのエントリーモデルを意識しているようだ。一方の『パサート』は全体に軽めで路面からハンドルへの振動の伝わり方も『ゴルフ』に近い。VWの実直なクルマ造りの精神を継承しながら、うまく上級感を演出している。実用性を重視したい人にはおすすめだ。

ジャガー『XE』は先進的で効率的なスポーツサルーン

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。