北海道新幹線、青函トンネルで避難訓練 JR北、故障想定

2016.2.16 10:53

北海道新幹線の避難訓練で「渡り板」を設置する車掌ら=16日午前2時33分、青函トンネルの最深部付近

北海道新幹線の避難訓練で「渡り板」を設置する車掌ら=16日午前2時33分、青函トンネルの最深部付近【拡大】

 JR北海道は16日未明、3月に開業する北海道新幹線が青函トンネル(53・85キロ)を走行中、車両故障で走行できなくなったと想定し、避難訓練を実施した。

 青函トンネル内で新幹線の車両を使った避難訓練は2回目。9日の最初の訓練では作業ミスで停電が起き、乗客を避難させる「救援列車」が緊急停車した。

 今回の訓練には、JR北海道の社員や消防の約100人が参加。午前1時ごろ新函館北斗を出発した新幹線が、青函トンネルの最深部付近に緊急停車したとして、青森側からトンネルに入った救援列車が徐行して横付け。長さ約150センチ、幅約45センチの「渡り板」を二つの列車のドアとドアの間に渡し、双方の車掌が見守る中、乗客役36人が救援列車に乗り移った。 救援列車は午前3時半ごろ新函館北斗に到着し、訓練は予定通り終了。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。