ソーラーフロンティア、政投銀などと共同出資会社

2016.2.17 05:00

 昭和シェル石油の子会社、ソーラーフロンティア(東京都港区)は16日、日本政策投資銀行、太陽石油と共同出資会社を設立し、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を山口県に建設すると発表した。出力は約1万6500キロワットで、2017年中の運転開始を目指す。

 年間の発電量は、一般家庭約3880世帯の消費量に相当する約2000万キロワット時を見込む。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づき中国電力に売電する計画だ。共同出資会社「SDTソーラーパワー」の出資比率は、ソーラーフロンティア57.5%、日本政策投資銀行27.5%、太陽石油15.0%。太陽石油が所有する山口県宇部市と山陽小野田市にまたがる面積18万平方メートルの敷地に、ソーラーフロンティア製の太陽電池パネル約10万枚を設置する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。