日産、ミャンマー現地生産を年内開始

2016.2.18 05:00

 日産自動車は17日、ミャンマーで小型セダン「サニー」の生産を年内に始めると発表した。マレーシア企業がミャンマーに保有する施設に生産ラインを新設する。当初は年間1000台規模の生産を目指す。その後、2020年までに新しく建設する工場に生産を移管し、年産能力は1万台とする計画だ。ミャンマーは需要の伸びが期待できることから、現地生産に乗り出す。日産は13年からミャンマーでの自動車販売を開始した。現在は日本や北米、タイからスポーツ用多目的車(SUV)やセダンなどを輸出している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。