中国で「アップルペイ」開始 先行サービスに対抗

2016.2.18 14:50

 米アップルは中国で18日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を使った支払いサービス「アップルペイ」を開始した。世界最大のスマホ市場である中国でサービスに伴う手数料収入の拡大を目指す。中国では電子商取引最大手アリババグループが手掛けるスマホアプリを使った決済システム「アリペイ」などが急速に普及しており、アップルペイの利用者拡大がどこまで進むか注目される。

 アップルは、中国で最も普及している決済カード「銀聯カード」を手掛ける中国銀聯と協力し、アップルペイを運営する。

 アップルペイは日本の「おサイフケータイ」のように、アイフォーンを店舗の端末にかざすと支払いができる仕組み。米国や英国、カナダ、オーストラリアで展開しているが、日本では導入していない。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。