格安スマホの販売体制刷新 イオンリテール、期間限定で月額480円

2016.2.19 06:11

イオンリテールデジタル事業部の橋本昌一事業部長

イオンリテールデジタル事業部の橋本昌一事業部長【拡大】

 全国のイオンでスマートフォンを販売しているイオン子会社のイオンリテールは18日、26日から仮想移動体通信事業者(MVNO)となり、店舗内での修理や新プランの設定など格安スマホの販売体制を刷新すると発表した。新体制に合わせ来年3月末までの期間限定で、スマホ業界で最安水準となるデータ通信量2ギガバイトで月額480円(通話付は同980円)のプランを設定。デジタル事業部の橋本昌一事業部長は「格安スマホ市場で3年以内にナンバーワンになる」と述べた。

 イオンリテールはこれまで、インターネットイニシアティブ(IIJ)やソネットなどMVNO各社の「SIMカード」とスマホのセット販売がメーン事業だったが、今回、新たに自社でNTTドコモの回線を借りてMVNO事業者となることを決めた。これにより月額480円を含めて29の新プランを設定した。また全国のイオン429店で販売修理を行い、うち213店では契約の即日乗り換えを完了できるようにしたという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。