グーグル、生鮮食品の即日配達に参入 米西海岸で試験的に

2016.2.19 17:00

 米IT大手グーグルは18日までに、複数の大手スーパーや量販店と組んで野菜や肉類など生鮮食品を即日配達するサービスを、米西海岸の大都市ロサンゼルスとサンフランシスコの一部地域で試験的に始めたと発表した。

 グーグルは日用品の即日配達は既に手掛けている。提供する地域を徐々に広げ、配達内容も拡充したい考えだ。有料会員向けに生鮮食品の即日配達を実施しているライバルの米ネット通販大手アマゾン・コムに対抗する狙いもある。

 新サービスは、提携先のコストコホールセールやホールフーズ・マーケットなどの商品をネットで注文し、グーグルが数時間以内で配達する。年会費95ドル(約1万800円)を支払えば一回2・99ドルで注文できるほか、会員以外でも4・99ドルで利用可能だ。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。