損保ジャパン日本興亜、マレーシアの銀行で窓口販売検討

2016.2.20 08:50

 損保ジャパン日本興亜ホールディングスがマレーシアの銀行2位、CIMBグループ・ホールディングスに対し、自社の損害保険商品の供給を検討していることが19日、分かった。CIMBの支店網を通じて保険を販売することで、アジアの成長を取り込む戦略だ。

 CIMBはマレーシアのほか、シンガポールやタイ、カンボジアに支店を持つ。CIMBは10~20年程度の期間、この支店網を使って保険商品を販売する権利の入札を行っている。

 入札には損保ジャパン日本興亜のほか、独アリアンツや仏アクサなど欧州勢も名乗りを上げた。損保ジャパン日本興亜は数百億円規模の提案をしたもようだ。今月中にも、最終決定する可能性がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。