アイフォーン初の前年割れ 昨年国内出荷、成長に陰り

2016.2.20 19:35

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の平成27年の国内出荷台数が、20年の日本進出後、初めて前年を下回ったことが分かった。調査会社MM総研によると、前年比10・6%減の1473万台と大幅に減少。昨年秋に発売した新機種の販売が振るわなかったためだが、快進撃を続けてきた成長神話に陰りも見え始めた。

 従来型を含めた携帯電話端末のシェアでは、41・2%と圧倒的な首位を保っているが、26年の43・1%と比べると低下した。総務省は事業者にスマホ端末の過度な割引の見直しを求めており、MM総研は「他社からの乗り換え時に価格優遇が著しかったアイフォーンの出荷台数とシェアは、さらに減少するだろう」と予想している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。