国内携帯事業者 指針沿い位置情報開示

2016.2.20 20:51

 捜査当局から犯罪捜査への協力を求められた場合の対応は、NTTドコモなど日本の携帯電話大手3社とも、ほぼ同じだ。個人情報保護のガイドラインに沿って位置情報などの開示に応じている。

 携帯事業関係者によると、「捜査関係事項照会書」が携帯事業者の渉外窓口に捜査当局から送られてくると、個人情報保護などの各社のガイドラインに基づいて、犯罪に使われている携帯電話の位置情報や通話記録などを開示する。

 ただ、メールアドレスなどの個人情報は原則的には非開示で、メールの内容も各携帯端末で受信された場合は、携帯事業者のサーバーに残っていないため開示できないという。

 関係者は「警察が裁判所の捜査令状を適正な手続きに基づいて提出してきた場合は開示できるものは提供する」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。