【クルマ人】「アルト ワークス」復活! ファンから多くの反響、加速感を追求 (1/3ページ)

2016.2.21 09:00

「アルトターボRS」をベースに短期間で開発したスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」

「アルトターボRS」をベースに短期間で開発したスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」【拡大】

  • アルトワークスは手首の動きのみで変速できる「ショートストロークシフト」を採用し、マニュアル車の操る楽しさをアピールしている
  • 約15年ぶりに復活したスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」
  • アルトワークスはコーナリング時にも身体をしっかりと支える「レカロシート」を装備した
  • 約15年ぶりに復活したスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」
  • 加色を減らして“かたまり感”のあるデザインにしたスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」
  • 走りを追求したスズキの軽スポーツ車「アルトワークス」

 スズキが昨年12月に発売した軽スポーツ車「アルト ワークス」が注目を集めている。主力軽「アルト」の派生モデルとしてターボエンジンを搭載し、5速マニュアルを設定してクルマを操る楽しさや走行性能を追求した。平成12年まで約13年間で約26万6000台を販売した人気車種の復活となる新型車について、開発を指揮した水嶋雅彦氏に聞いた。

 --復活の経緯は

 「昨年3月にアルトの派生モデルとしてターボエンジンを搭載した『ターボRS』を発売し、好評だった。ただ、顧客から『マニュアル車を追加してほしい』という声とともに、『ワークスを発売してほしい』という反響が予想以上にあった」

 「当初はターボRSへのマニュアル車の追加を考えたが、どうせやるならば走行性能を追求したワークスをつくって楽しんでほしかった」

かつてワークスに乗っていたファンの期待を裏切れない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。