新型アウディA4は先代A4からどう変わったのか? (1/3ページ)

2016.2.21 16:50

 フルモデルチェンジを受けた新型アウディA4が日本に上陸を果たし、2月19日から発売が開始されます。

 価格帯はFFの「2.0 TFSI」の518万~4WDの「2.0 TFSI クワトロ スポーツ」の624万円。

 A4は、アウディ80時代から累計1200万台以上を販売してきたという、アウディの顔といえるモデル。

 ライバルはメルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズというドイツプレミアム御三家の2台をはじめ、現在ではジャガーXEやレクサスISなどドイツ以外の高級ブランドも実力をつけており、年々競争が激しくなる激戦区といえます。

 見どころ満載ですが、ここでは先代A4からどう変わったか、その概要をお届けします。

 「プレミアムミッドサイズセダン」を標榜する新型アウディA4は、ボディサイズは全長4735×全幅1840×全高1430mm、ホイールベースは2825mm。もはやサイズ(とくに全幅)は、Eセグメントに分類できそう。

なお、先代A4は全長4720×全幅1825×全高1440mm…

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。