「ダイドーブレンド」巻き返しへ 40年間売り続ける秘訣は?

2016.2.21 07:22

ダイドードリンコの缶コーヒー「ダイドーブレンド」

ダイドードリンコの缶コーヒー「ダイドーブレンド」【拡大】

  • ダイドーブレンドの派生商品「うまみブレンド」をPRする、ダイドードリンコの高松富也社長=大阪市

 缶コーヒー発売から40年を迎えたダイドードリンコが、新たなファン獲得に力を入れようとしている。コンビニの入れたてコーヒーとの競争が激化する中、創業とともに生まれた「ダイドーブレンド」の無香料とこだわりの味をアピールし、巻き返しを図る。

 大阪市内の自動販売機でダイドーブレンドを購入した自営業、花田亮一さん(38)は、約20年前からの愛飲家だ。「最も味に深みがある。いろいろな缶コーヒーを試すけど、結局これに落ち着く」と話していた。

 ダイドーブレンドは、昭和50年11月から販売。一貫して香料を使わないブランドは珍しく、累計100億本以上を売り上げている。

 開発に長年携わってきた中川誠常務は「当初はノウハウがなく手探りで、毎日バケツ一杯試飲した」と苦労を明かす。

 豆の配合を同じにしても、工場ごとに味が異なってしまう。焙煎の度合いや抽出の温度などを工場ごとに変えるなど、試行錯誤を重ねたという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。