3月廃止の夜行急行「はまなす」 全国最後の急行列車、切符発売

2016.2.21 08:48

 北海道新幹線開業により廃止される夜行急行はまなす(青森-札幌)の青森発下り最終列車の切符が21日、全国のみどりの窓口で発売される。JRが定期運行する全国最後の急行列車で、国鉄時代から続いた急行列車の歴史の幕引きとなる。

 JR北海道によると、はまなすの下り最終列車は3月21日夜に青森を出発、翌22日朝に札幌に着き、青函トンネルを通る在来線最後の旅客列車となる。3月20日の札幌発上り最終列車の切符は発売後約40秒で完売した。

 はまなすは青函トンネルが開通した1988年3月に運転を開始。夜間に移動でき、特急に比べて割安なため、本州と北海道を結ぶ足として親しまれてきた。

 JR北海道は、車両の老朽化が激しい上、新幹線開業後は青函トンネルの電圧や運行システムが新幹線用となり、けん引用の機関車が走れなくなるのを廃止の理由としている。

 この日は、同じく廃止予定の特急「スーパー白鳥・白鳥」(新青森-函館)の最終列車の切符も発売。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。