【春闘】「一刻も早い業績回復を」 東芝が初の離脱、統一闘争の伝統に揺らぎ (1/2ページ)

2016.2.22 20:07

 電機業界の平成28年春闘は、交渉を主導する大手6社の一角を占める東芝が、経営不振で初めて離脱する異例の事態となった。中国経済の減速などで企業間の業績格差が拡大し、労使交渉の先行きには不透明感も広がっている。電機連合は60年以上にわたり、主要各社が経営側から横並びの回答を引き出す「統一闘争」を続けてきた。東芝の離脱は、その伝統が揺らぐ重大局面の表れといえる。

 「大変残念ではあるが、両労使に社会が求めているのは一刻も早い業績回復だ。対応をお願いする」

 東芝とシャープの離脱を正式に承認した電機連合の第1回中央闘争委員会で、有野正治中央執行委員長は厳しい表情でこう述べた。

 東芝は28年3月期に7100億円の最終赤字を計上する見通しだ。自己資本比率は10%以下の“危険水域”に沈み、財務は急速に悪化。約1万人の人員削減に踏み切るなど経営再建を急いでいる。

 厳しい経営環境からベアの統一要求を断念した東芝の労組は、今春闘で「(賃金の)現状維持を求めていく」(幹部)考えだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。