森トラストとマリオットホテルが提携拡大 軽井沢など5施設をリニューアル

2016.2.22 18:06

 森トラストグループは22日、米ホテル大手のマリオット・インターナショナルとの事業協力で、森トラストグループが長野県軽井沢町などで展開するリゾート施設「ラフォーレホテル&リゾーツ」のうち、5施設を「マリオットホテル」ブランドとしてリニューアルすると発表した。

 訪日外国人旅行者数の急増を受け、地方におけるホテル施設の充実を図る。同日の記者発表会で森トラスト・ホテルズ&リゾーツの伊達美和子社長は「日本の豊かな観光資源の魅力を世界に発信するとともに、日本国内に世界基準のサービスを紹介できる」と意気込みを語った。

 リニューアルするのは軽井沢(長野県)▽南紀白浜(和歌山県)▽山中湖(山梨県)▽修善寺(静岡県)▽琵琶湖(滋賀県)の5施設で、いずれも外資系ホテルが進出していない地域。これまでも森トラストグループは東京と大阪の3カ所でマリオットブランドのホテルを運営している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。