生涯の口座取引を閲覧可能に… 銀行などが「フィンテック」活用を加速

2016.2.22 21:50

握手を交わすみずほフィナンシャルグループの阿部展久氏(右)とマネーツリーのポール・チャップマン社長=23日、東京都千代田区(米沢文撮影)

握手を交わすみずほフィナンシャルグループの阿部展久氏(右)とマネーツリーのポール・チャップマン社長=23日、東京都千代田区(米沢文撮影)【拡大】

 日銀のマイナス金利政策導入で、金融業界が変革を迫られる中、銀行業界が金融とITを融合した「フィンテック」の活用を急いでいる。みずほ銀行は22日、スマートフォン向けアプリで口座の入出金記録を一生、閲覧できる機能を導入すると発表した。また、静岡銀行もオリックスやNTTデータと共同研究を開始。銀行の金利負担軽減にもつながりそうだ。

 みずほ銀は、資産管理アプリ開発のマネーツリー(東京都渋谷区)の技術を取り込み、生涯にわたる口座取引のデータを保存、閲覧できるようにする。従来は過去3カ月分しか閲覧できなかったため、顧客から「長期間の入出金を確認したい」との要望があった。

 みずほフィナンシャルグループのフィンテック責任者、阿部展久氏は「資産を『みえる化』することで、資産運用や貯蓄について考えるきっかけにしてほしい」と狙いを話す。

 一方、オリックスや静岡銀は、仮想通貨「ビットコイン」などに使われる「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術の共同研究で合意した。データ改竄(かいざん)などの攻撃がされにくく、記録管理にかかるコストを劇的に引き下げられるという。半年程度かけて実証実験を行い、海外送金サービスなどへの応用を検討する。

 オリックス銀行の寺元寛治執行役員は「顧客情報保護のため、暗号化技術を研究し、信頼性のあるサービスにしたい」と述べた。マイナス金利政策で、金融機関は利ざやを得にくくなっており、フィンテックによる業務革新を急ぐ。(米沢文)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。