タカタ、最大9000万台追加リコールも メーカーと費用分担難航か (1/2ページ)

2016.2.24 06:44

 タカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)が拡大する恐れが再燃している。タカタは25日にも自動車メーカーに対し、研究機関に依頼していたエアバッグの異常破裂についての調査の中間報告を行う。今後、メーカーとリコール費用の分担をめぐる交渉を進める方針だが、リコールの拡大が続けば、難航する可能性もある。

 23日の東京株式市場で、タカタ株の終値は485円と、前日から4.34%下落した。投資家心理を冷やしたのは、米当局が最大9000万台の追加リコールを行う必要があるかどうか調べているとした22日のロイター通信の報道だ。

 報道によると、米当局が異常破裂の原因との見方がある硝酸アンモニウムを使ったタカタ製エアバッグを全てリコールする可能性を含めて調査。全てリコールすれば、米国での対象は最大約1億2000万台と、従来の約2900万台の4倍程度に膨らむという。

 タカタは交換用部品の生産を他社にも委託しているが、これ以上の増産は難しい。乾燥剤入りのエアバッグなど異常破裂が確認されていないものもあり、「全てリコールするのは非現実的」(メーカー関係者)との声もあるが、拡大する懸念もくすぶる。

タカタ製エアバッグのリコールは世界で5000万台規模に拡大し…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。