【トップの素顔】渡邊五郎 三井物産元副社長(2) (2/2ページ)

2016.2.24 05:00

たいまつとランプで暮らした疎開先の四万十町魚ノ川で(左)

たいまつとランプで暮らした疎開先の四万十町魚ノ川で(左)【拡大】

 当時、お宮の盆祭りの夜相撲にもよく参加していました。中学生は前座でした。負けはなし。いつも優勝して、賞金稼ぎをしていました。父は「相撲は、賢いモンは取らずに、見るもんだ」と言っていましたけど、母はこっそり弁当を作って、町や郡の大会などに送り出してくれていました。

 中学3年3学期から高知市立昭和中学校に転入しました。学区制があったため、町なかの進学校に入るには、その地域に住んでいる必要があったためです。市内で料理人をしている兄が住んでいた家の屋根裏部屋が空いていましたので、そこに住み込みました。

 ◆模擬試験で学内1位

 転校したところ、初めの1カ月は平穏に過ぎたのですがいきなり模擬試験で学内1位になったためか、すぐに非行グループから呼び出しがかかり、ついて行くと、7、8人にさっと取り囲まれました。一段と高いところにいたリーダー格をよく見ると、小学校の頃に私がいつもミカンやバナナを巻き上げていた男。

 私に「五郎来たか」と言うので、「おー来たき、よろしゅう頼むぜよ」と言い返しました。翌日から彼の子分らは私に挨拶をするようになり、無事、平穏な毎日を過ごすことができました。もし、やっつけられていたら、ぐれて今の私はなかったかもしれません。(聞き手 廣瀬千秋)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。