青山商事、オーダーメードスーツ参入 女性専門店も出店

2016.2.25 06:42

着用時のスーツイメージをタブレット端末上で表示する独自開発の新システム「バーチャルフィッティングアバターシステム」で市場活性化を狙う=24日、東京都新宿区

着用時のスーツイメージをタブレット端末上で表示する独自開発の新システム「バーチャルフィッティングアバターシステム」で市場活性化を狙う=24日、東京都新宿区【拡大】

 紳士服チェーン最大手の青山商事は24日、新業態の男性向けオーダーメードスーツ店と女性専門店を出店すると発表した。いずれも26日に都内に1号店を開く。新業態の展開で、減少傾向が続く国内スーツ市場の活性化を目指す。

 渋谷区内にオープンするオーダーメードスーツ店「ユニバーサルランゲージ メジャーズ」では着用時のイメージをタブレット端末上で表示する独自開発の新システムを導入し、顧客とのコミュニケーションツールに活用する。スーツとシャツで使用する生地の種類は合計で1000以上を揃え、多様なニーズに応える。スーツの価格は3万9000~9万9000円(税抜き)。新システムは既存店にも導入する。当初は5店舗となるが、年内には20店に拡げる計画だ。

 一方、女性専門店「ホワイト ザ・スーツカンパニー」は、働く女性向けスーツやスカート、ブラウスなどの商品を中心に取りそろえる。新宿区内にオープンする第1号店は白色を基調とし、接客などを担当する店員は全員女性にした。

 団塊世代の退職などを背景に紳士服市場が減少する中、女性向けスーツ市場は働く女性の増加で右肩上がりで伸びている。同日、会見した青山理社長は女性専門店について「都心を中心に出店し、4~5年後には40~50店に増やす」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。