MRJ、3月に北陸方面へ初飛行 計器の精度試験で

2016.2.25 17:21

試験飛行を行うMRJ(三菱航空機提供)

試験飛行を行うMRJ(三菱航空機提供)【拡大】

 三菱航空機(愛知県豊山町)は25日、開発を進める国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が、3月に北陸方面へ初めて試験飛行する計画を明らかにした。機体の計器類の精度を確認するための試験で、必要に応じて能登空港(石川県輪島市)に着陸する。

 試験は愛知県営名古屋空港(豊山町)から石川県に向かい、能登空港上空を低高度で飛行する予定だ。機体と能登空港に備え付けた測定器でそれぞれ高度や速度を測り、機体の計器類の精度を確かめる。

 試験後は名古屋空港に戻るが、給油などで能登空港に着陸することも想定している。北陸方面で行う試験飛行は、3月中に2、3回を計画しているという。

 MRJは昨年11月の初飛行を含め計6回の試験飛行を実施し、いずれも名古屋空港から太平洋の遠州灘方面へのルートだった。石川県空港企画課の担当者は「能登空港を最大限活用することでMRJの開発が加速されればうれしい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。