【VW排ガス不正問題】VWに修理法の報告求める 米公聴会で判事

2016.2.26 08:25

 ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れをめぐる訴訟の公聴会が25日、米西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地裁で開かれ、チャールズ・ブライヤー判事はVWと米環境保護局(EPA)に、不正車両の適切な修理法を見つけられたかどうかを3月24日までに報告するように求めた。

 欧米メディアが報じた。VWはドイツでリコール(無料の回収・修理)を始めたのに対し、米当局との協議は難航している。ブライヤー判事は、不正車両の修理法を早く策定するよう事実上迫った。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。