赤字垂れ流しシャープ、問われる経営責任 鴻海傘下で抜本改革は振り出しに (2/2ページ)

2016.2.26 07:28

台湾の鴻海精密工業からの支援受け入れを決めたシャープ

台湾の鴻海精密工業からの支援受け入れを決めたシャープ【拡大】

 ところが、太陽電池や液晶テレビの改革が遅れ、15年3月期は再び赤字に転落した。昨年9月には3000人規模の希望退職を募り、人材流出が進んだ。

 支援策も二転三転した。シャープと主力行は当初、経営の足かせとなった液晶の分社化を検討したが、鴻海の傘下入りで抜本改革は振り出しに戻った。

 SMBC日興証券の原田賢太郎クレジットアナリストは「(15~17年度の)中期経営計画は、液晶部門の営業利益の目標にかなり無理があった。銀行融資を前提にあえて高い目標を掲げたのかもしれない」と指摘している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。