日本の新幹線、インド建設へ前進 2月中に特別事業体設立

2016.2.26 10:50

 【ニューデリー=岩田智雄】インドのプラブ鉄道相は25日、日本の新幹線システムを導入した高速鉄道事業を実施するための特別目的事業体(SPV)を今月中に設立させると明らかにした。高速鉄道の建設開始時期は決まっていないが、システム導入の実現に向けて前進する。

 日印両国は昨年12月、インドのムンバイ-アーメダバード間の高速鉄道事業に、日本の資金・技術援助により新幹線システムを導入することで合意している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。