吉野家、「ベジ丼」を刷新 価格下げ480円 3月3日発売

2016.2.26 06:54

吉野家が価格を下げて刷新した「ベジ丼」

吉野家が価格を下げて刷新した「ベジ丼」【拡大】

 吉野家ホールディングスの牛丼チェーン、吉野家は25日、1日に必要とされる半分の野菜がとれる「ベジ丼」を刷新し、3月3日に発売すると発表した。価格を50円引き下げ480円(税込み)とした。

 たれは従来の「うま塩ダレ」から「オニオンソース」に変更。健康機能性にこだわり、動脈硬化予防や血圧降下などの効果がある「ケルセチン」という玉ねぎに含まれる成分を加えたという。塩分も34%抑えた。同時に「ベジ牛」「ベジカレー」も60円引き下げ590円(同)にした。

 同日の会見で、河村泰貴社長は「レギュラーメニューとして定着させたい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。