【2016春闘】大手銀初、りそな労組ベア0.5%要求へ

2016.2.26 05:00

 ■マイナス金利で経営環境悪化

 りそな銀行の労働組合は25日、2016年春闘で基本給の底上げとなる0.5%のベースアップ(ベア)を経営側に求める執行部案を固めた。

 ベア要求は2年連続。日銀のマイナス金利政策で銀行は収益悪化が見込まれており、大手行労組でベア要求の動きが表面化するのは初となる。

 りそな労組は昨年、業績の改善を受けて18年ぶりに経営側にベアを要求し、実質的に1%以上のベアが実現した。今春闘も生活水準の向上が引き続き必要だとし、ベア要求の方針を固めたとみられる。執行部は組合員の意見を集約し、3月下旬に経営側へ要求する。

 大手行では、三井住友銀行とみずほフィナンシャルグループの労組が今春闘のベア要求を見送る方針を固めている。三菱東京UFJ銀行の労組は近く執行部案をまとめる見通しで、大手行にベア見送りが広がるか注目される。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。