NTT長距離通話料の低廉化期待 固定電話IP化、総務省が移行検討 (1/2ページ)

2016.2.26 06:52

固定電話網のIP化に関する検討会がスタートした=25日、総務省

固定電話網のIP化に関する検討会がスタートした=25日、総務省【拡大】

 NTTが大量の交換機で構成していた固定電話網をIP(インターネット通信手順)技術に基づくネットワークに移行する作業が2021年にも本格的に始まる。IP化によってネットワークの運用効率が高まるとともに長距離通話料金が安くなる見通しだ。総務省の情報通信審議会は25日、固定電話網の円滑な移行について検討を始めた。

 NTTは東京五輪後の21年から固定電話網を構成する交換機をIP化する作業に着手する見通し。25年にはIP化への移行をほぼ完了し、それまでに電話サービスを切り替える方針だ。

 NTTの固定電話網は現在、500台弱の中継交換機の下に加入者交換機が5000台強設置され、全国均一の料金で音声通話サービスを提供している。

 電話料金は、区域内が3分8.5円(税抜き、平日昼間)だが、20キロまでが20円、20キロ超~60キロまで30円、60キロ超が40円と距離ごとに設定されている。

一方、光サービスの付帯サービスとして提供されているIP電話…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。