シャープ、捨てられなかった成功体験 自力再建断念…“脱液晶”できず (4/5ページ)

2016.2.27 06:59

奥田隆司社長(当時)の後任に決まり会見する高橋興三氏。トップが交代しても経営悪化の流れは変わらなかった=2013年5月(ブルームバーグ)

奥田隆司社長(当時)の後任に決まり会見する高橋興三氏。トップが交代しても経営悪化の流れは変わらなかった=2013年5月(ブルームバーグ)【拡大】

  • 閉鎖されるシャープの天理工場=奈良県天理市
  • 大阪市阿倍野区のシャープ本社

 続いて13年6月に就任した高橋興三社長も「健康・環境機器と液晶が成長ドライバーだ」と宣言。一時は高精細で低消費電力の液晶パネル「IGZO(イグゾー)」などの技術を武器に、中国のスマートフォンメーカーに次々と採用されて再建を牽引(けんいん)したが、一昨年秋に失速。ライバルとなったJDIに得意先を切り崩されたことも痛手となった。

 それでも高橋社長は昨年5月、破綻した中期経営計画に代わる計画を発表した会見で「売上高の3分の1を占める液晶をなくしたら(計画の)業績が成り立たない」と液晶で稼ぐ姿勢を強調した。その後、好転の兆しの見えない事業環境に業を煮やした高橋社長は社内会議で「液晶さえなければ…」と発言。切り離しなど構造改革の検討を始めたが、決断が遅れた分だけ財務状況が悪化していた。

 経営判断、後回しに

 昨年12月末の有利子負債は7564億円。3月末に返済期限を迎える約5100億円のシンジケートローン(協調融資)は、主力取引銀行が借り換えに応じなければ立ち往生する。

必要な構造改革に向けた経営判断を後回しに…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。